S女様の日記

7月5日(火)、7月6日(水)は休業いたします。7月11日(月)、7月12日(火)の会員様のご予約開始日は7日(木)となります。

静果の日記

  • 2021年09月30日 16時26分4

    懇願

    変態の皆様、ごきげんよう。

    昔、静果さんがしてくれることはプレイなのか本気なのかどっちですか、と奴隷に尋ねられたことがあった。

    おそらく私が叱ることを真に受けて矯正した方がいいのか、ごっこ遊びとして気軽に受けとめていればいいのか、迷わせちゃってたのね。
    その子は私の喜びのために尽くしたいタイプだったから、常に正解を求めていたんだと思う。

    当時は"調教"にさほど興味が無くて、気分のままに痛めつけられればそれで十分だった。
    気分屋の私は一貫性がなかったから、まるで毒親みたいに相手を萎縮させてしまってたのかも。
    別にお前が努力して辿り着ける正解なんて無いよ、私の感情だけを受け止めてればいいんだよとその時は煩わしかった。

    でも今は"こういう奴隷が欲しい"という気持ちが生まれてきた。私のためにこうなってほしいっていう理想。

    相手に何を求めてるか明瞭になっていくことって嬉しいわ。

    でも、そもそも私の支配欲を望むなら、まずは這いつくばって懇願してほしいの。
    謙虚にお願いされないと、叱る気も起きないんだもの。

    では、また。
  • 2021年09月29日 13時54分2

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。
    今朝は風が気持ち良かったわ。秋ね。

    最近はこちらを聴いてる。
    神経が落ち着いたまま冴える感じ。
    暇潰しに奴隷の頭を踏みつけながら、ぼんやりしたい季節ね。

    では、また。
  • 2021年09月18日 16時54分5

    記録.誓いの手紙

    変態の皆様、ごきげんよう。静果です。

    先日、奴隷志願中のマゾからお手紙をもらいました。
    私との関係のなかで、自分がどのような存在で、どうなっていきたいのか、稀に見る気合十分な内容でした。嬉しかったわ。

    支配に心から喜びを覚えるタイプの女性を探し求めて私のもとへ来て、奴隷にしてくれと懇願し続けているの。

    主従関係を求めて、お願いだから支配して調教してほしいと土下座する姿を見るのって、どんなときも楽しい。

    こちらはマゾご自身で持ってきたプレート。(毎回自由に書き込めるの。)
    私のために人間を辞めるそうよ。
    いい気分ね。
    個人の尊厳を剥奪されて、あなたはこれから幸せ一杯ね。

    では、また。
  • 2021年08月30日 20時55分6

    記録.否定地獄

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。

    先日、とある女性から徹底的な言葉責めと殴打をリクエストされました。
    私の大好きな分野に心躍ったわ。

    仕事ができないことを中心に○ねだの能無しだの何でもボロカスに言ってください、とのこと。
    怖くしてほしい、という私が時々いただく要望のこともご存知で、同じようにしてほしいと。

    明るい部屋でボコボコにするの、楽しかったなあ…。
    人格から存在まで否定し倒すの、どうしてあんなに高揚するのかしら。
    毒親ばりの虐待プレイって、いくらでも言葉が出てきちゃう私です。
    あまりに酷い言葉責めを受けてくれる子ってそこまでいなさそうだから、とても貴重な時間でした。

    最初からワッと泣いちゃって、泣き顔が大好物の静果さんは興奮しっぱなし。そのまま勢いよく責め立てたわね。
    かけがえのないはずの人体がボロボロになっていく姿、素敵でした。

    最後には空っぽになっていたけど、どんな気分だったかしら。
    こんな体験なかなかできないよね。
    ご自身のことを教えてくれてありがとう。
    好奇心旺盛で聡明な方でした、私も刺激を受けたわ。

    私の加虐癖を真正面から受け取ってくれて幸せよ。
    また是非遊びにいらしてね。
    お互いお仕事、無理せず頑張りましょうね。
  • 2021年08月28日 14時12分4

    変態の皆様ごきげんよう、穴を塞ぐのが大好きな静果です。

    今は大体克服したけど、小さい頃は集合体が大変嫌いでした。
    点々がわっと密集しているものを見ると、首筋がかゆくなってたの。

    覚えているのは、社会の教科書。
    日本列島の上で何らかの値を夥しい数の点々で表しているグラフがあって、叫びそうになったわ。
    なんていうか、自分がその点々に吸い込まれて永遠に蠢かねばならない気がしたのよ。
    点々達は小さな深淵みたいで、しかもそれそのものが生きているように見えて、恐ろしかった。

    そういえば、人体にはあらゆる穴が開いてるわね。お尻の穴から毛穴まで、一つ一つを塗りつぶしたら、もう人間ってほぼ穴そのものね。

    穴には何かを突っ込めばいいって変態が教えてくれてから、私は小さな穴達の恐怖を乗り越えて、活力を取り戻しました。
    というのは冗談よ。

    私のペニバンを挿入するためにお尻を開発中のマゾちゃん、これからも頑張ってね。
    私の欲求を注ぎ込んだり突っ込んだりできる穴が沢山あって良かったわねえ。

    では、また。
  • 2021年08月14日 17時37分8

    嘲笑

    変態の皆様ごきげんよう。お笑い好きな静果です。

    SMや変態性癖を感じさせるネタ、たまにあるよね。
    先日、SMクラブを利用するドMが主人公のバ○リズムのコントを見返しました。
    変な天気続きで鬱々としていたけど、ぱっと元気が出たわ。
    芸人さんって本当凄いよね。

    私はもともと加虐趣味だけど、人を叩くのがこんなに面白いのはなぜかしら。優越感と、あと何かしら。どうでもいいけど、ふと思う。

    そういえば、笑いは差別って誰か言ってたね。
    私はブログではぐだぐた言っちゃうけど、ただイジメが好き。
    二人だけの特別な差別を感じたい。

    では、また。
  • 2021年08月08日 16時32分6

    記録.足奴隷

    変態の皆様、ごきげんよう。静果です。
    脚フェチさんにも色々いらっしゃるけど、私はつま先で男性の口内を弄るのが大好き。
    あがが…て呻くみっともない顔を見て、ほらちゃんと舐めなさいよなんて命令するとき、大体欲情している私です。

    大事に舐められると、乳を吸う子犬みたいに見えてくるときもあるわ。
    指からは何も出ないし、出勤前はずっと靴を履いて歩き回っていることが多いから、汗や皮脂がついているはずなのに、皆本当に夢中で吸い付くから可笑しい。

    足蹴にするって言うけど、こんなに体現することもないわ。顔に足を乗っけたり、太ももで首をしめたり、親指で乳首を押しつぶしたり…。
    あしらうの、楽しいわね。
    本来、人が人にやることじゃないけどね(笑)

    なので私の足を欲してやってきたこの間のマゾちゃんには「脚奴隷」と名付けてあげたわ。

    昼間から、足置きや椅子として働かされる気分はどうだったかしら。あまり慣れてないのに一生懸命な様子が、ウブで可愛かった。

    後半は聖水にも挑戦したね。私のおしっこの味、覚えてる?人が飲むものじゃないけど、あの日のお前は脚奴隷。
    脚の付け根から出てくる貴重な水も有り難く頂戴しないとだめよね。

    腹や顔に乗り上げるのも面白かったわ。目下の存在は家具かつ奴隷かつ一般男性。クラクラくるわよね。
    頬を紅潮させて興奮しているうっとり顔に、ますますいじめ倒したくなる静果さんでした。

    次はどれくらいお利口になったかチェックするところから始めないとね。粗相をしたら、まためちゃくちゃに踏みつけるわよ。
    容赦しないから覚悟しなさいね。

    ・・・・・・・
    暑い日でしたが、欲が爽やかに満たされる時間でした。
    素敵なひとときをどうもありがとう。
    またいつでもいらしてね。
  • 2021年08月07日 19時08分5

    真夏

    変態の皆様ごきげんよう、夏の熱をSMの熱で打ち返そうと躍起な静果です。

    暑くて本当に無理…って日が続きますね。
    毎日降り注ぐ紫外線のせいで頭がぼんやりして白目剥きそうよ私。

    でも、マゾたちとの時間が本当に心のオアシスです。どんどん私の涼しい栄養分になりに来て頂戴。

    静果様、静果様って後ろをついてくるワンコ達、本当に可愛くて毎度思い切りビンタしたくなっちゃう。
    あの愛情とも軽蔑ともつかない一瞬は、夏とかどうとか忘れてるわね。
    ジリジリさせられるのは大嫌いだから、そういうときはいつも、早く思い通りにならないかなあって怒りが沸く。
    でもそうやって怒りを溜めるのも大好きなの(笑)放出する楽しみ、支配が叶う快感が増えるもの。

    感情も欲望も循環しすぎねえ。
    いつも胸のうちに打たれる前の花火が眠ってる。
    これからも一心不乱に、思い切り都合良く参りましょう。

    では、また。
  • 2021年08月03日 18時52分5

    記録.僕のために

    変態の皆様、ごきげんよう。怒鳴りつけるの大好き、どうも静果です。

    先日、"怖くされたい"というマゾさんがまたいらっしゃいました。
    ご挨拶も早々に私に触れたくてたまらないらしく、なかなか我慢できないみたいなの。
    可愛いけど、生意気よねえ。
    勝手に腕や足に手を伸ばすものだから、また酷いことされたいの?と脅し始める私(笑)

    密室の畳の上で、明るい光に照らされた彼を見下ろしながら、今回もジリジリと責め立てたわ。

    でも途中で面白いことがあったの。
    何度虐めても言うことの聞けない彼の顔をお尻で押しつぶしていた最中、

    「優しいよお…静果さん優しい…!」

    お尻の下から声が聞こえたのよ。
    え?聞き間違い?

    「何、どうしたの。優しい……?」
    「優しい…!だって僕のためにお尻乗っけてくれてるんでしょう…優しいよ…」
    「は…?え、文句…?」

    意外な発言に明るい笑いがこみ上げてきて、お尻を浮かして真意を尋ねると、私の綺麗な体が密着するのはご褒美、故に自ら与えてくれるのはあまりに優しい、みたいなことでした。

    そして笑いのあとには新鮮な怒りに包まれたわ。
    はぁ、怒りって素晴らしいわね。心が潤う。
    胸の内にコンと響いた「僕のために」という言葉をめちゃくちゃ捻り潰したくなったのよ。

    「お前のためじゃないよ、何思い上がってんの?僕のため?どの口が言ってんだよ」
    「だって…!わ、怖い…怖い…!」

    そこからは私の気持ちがおさまるまで蹴ったりビンタしまくって、怒鳴りつけたわ。本当に気持ちのままだった。

    「お前が"私のために"身を捧げてるんだろ、勘違いしてんじゃねえよ」
    「はい…!ああ…怖い…静果さん…!」

    でも、優しいのは本当ね。だって、貴重なものらしい私の足や手のひらでボコボコにしてあげてるんだもの。
    触れてることに変わりはないでしょう?
    ほら喜びなさいよ、怯えてないで…。

    「静果さん…好きです…」

    お前の独特な生意気さ、本当可笑しくて楽しいわ。いくらでも脅してぶん殴りたくなるの、不思議ねえ。

    心の赴くまま恐怖を注ぎ込めるのは私にとって貴重な幸福。
    素敵な時間をありがとう。
    また是非いらして。
  • 2021年07月31日 14時04分8

    記録.静果ナースの肛門治療②

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。
    興奮を思い返しながら書いていたら長くなったわ。私ストーリープレイ好きなのね。

    マゾ病棟シリーズ第2話の続きよ。
    (便秘がどうとかってふらふらと受診しに来た変態患者を、静果ナースの深い慈悲で大量浣腸を施し治療してあげるストーリー。)

    ・・・・・・・

    「お浣腸ほしいですって言いなさい。」

    「浣腸ほしいです…ください…」

    「言ったわね!私が出していいって言うまで我慢よ」

    お湯から牛乳、グリセリンと容赦無くお尻に飲ませてあげたんだけど、なんていうか圧巻ね(笑)
    グビグビ飲むんだもの。 お尻に餌をあげてるみたいで胸が熱くなったわ。

    でも、この肛門、堪え性が無いみたいで、私の言いつけを守れなかったの。
    我慢しろって言ったのに。
    指を入れてかき回したくらいで音を上げたわ。
    ここの病院では担当ナースの命令は絶対なのよ。背いたらどうなるか、知ってるでしょ。

    それからはお尻に痛みを持って分からせてあげたわね。鞭で赤く腫れたそこに何度も噛み付いて、うめき声を漏らしたってやめてあげない。
    噛めば噛むほど興奮で唾液が漏れて、熱くなった胸が今度は痺れ始めたわ。

    変態の治療が天職…!

    興奮しながら、そう確信したわよ(笑)
    男は知る由もないけれど、患者を痛めつけて二度と病院から出られなくさせるのが静果ナースは大好きなのよ。

    あらゆるサディズムが激しく渦巻いて、男のお尻の皮から肛門の奥まで、治療の名のもとに全てをねじ伏せていく幸福感。

    とどめに乳首と亀頭を苛め抜いてさしあげたわ。だってこんなとこそもそも必要無いじゃない。
    不必要なものをぶらさげるのは不健康。
    健康になりたいなら、ナースに従うしかないの。

    にこにこ笑みが溢れるのは嬉しいからよ。
    お前みたいにうっかり迷い込んだ患者が、苦しみや痛みに怯えて、のたうち回った先に、跪くしかなくなることが私には分かるの。
    跪いて、さらなる治療を乞いなさい。
    いつか全部切り落として、肉塊にしてあげる。本来の姿に戻るのよ。
    静果って焼印だけを残してね。

    ・・・・・・・・
    この度も大変楽しいプレイでした。
    私の支配欲や加虐欲が様々な形で鋭く満たされていくのを感じます。
    魅力的なプレイや台詞の提案、どうもありがとう。
    またいつでもいらしてね。
  • 2021年07月31日 14時02分6

    記録.中古奴隷

    変態の皆様、ごきげんよう。
    主従関係が大好きな静果です。

    先日、新しい御主人様を探して私のもとに辿り着いたマゾと二度目のプレイしたわ。
    何度も奴隷志願するものだから、その意気込みをたんと確かめさせていただきました。

    彼、礼儀正しさは素晴らしいんだけど、それはただの奴隷の型であって、マゾの心身の内側から沸き上がる服従心や感情を栄養分としてる静果さん(笑)としては、出会ったときからジリジリしてる。(いや、笑い事ではないんですけれど…)

    といっても単純さも持ち合わせてる私ですので、その奴隷ぽさには感心もしてるわ。
    前の御主人様とのご関係を私は知る由もないけれど、彼と接してるとその蓄積を感じて、朗らかな気持ちになる。
    そして私も、私を選んでくれる変態と感情を積み重ねられるような関係に憧れる。

    といっても、

    精神論なんてどーでもいいから、殴らせて。
    お前の憧れとか妄想とか全部踏みにじってあげるから、私のために尽くせ。

    とまあ、主従や激しめのプレイに興奮してるときの心を覗くと割りかしこんな感じでもある。
    ひどいものです…。

    私はお互い楽しむことも、一方的に注ぎ込むことも大好き。それが同時にあるとき、より幸せを感じるわ。

    やっぱりプレイをしていくうちに、前回より仲良くなるというと可笑しいけど、楽しさが増すわね。
    ただ最後の最後で粗相をしたから、次はお仕置きから始めましょう。

    これさ、仕事でやってるんじゃないよ、本気よ。
    遊びじゃないんだからね。

    苛め抜きながら思わず放った私の言葉にゾクゾクしたのよね。
    お前が本気なら私も本気よ。
    当たり前でしょ。
    ライトな遊びもいいけど、たまには真面目な顔で溺れていきたい。馬鹿馬鹿しくてたまらないから。

    「 中古奴隷で申し訳ございません…」

    笑ったわ、中古って。
    でも古びてくたびれたものにしかない情緒がある。重ねられ汚れなければ出ない色合い。
    そういうあなたにしかない道のりのなかで、私と出会ったからには、簡単に故障なんかさせてあげない。
    延々と私に尽くせるようにカスタマイズしてあげるよ。

    素敵な出会いと素晴らしい時間をどうもありがとう。また会いにいらして。
  • 2021年07月30日 17時39分6

    風の彩り

    変態の皆様、ごきげんよう。猛暑対策に悩んでいる静果よ。(写真は先日のプレイで爽やかなブルーのレオタードを身に纏った私。気に入ったのでパシャリ。変態紳士さんの私物です。)

    汗をかくのは気持ちがいいし、圧倒的に晴れている空には自己投影して気分を上げるけれど、この気温、やっぱり身に堪えるわね。

    先日、お友達のプレゼントに扇子を観に行ったわ。親切な店員さんが扇子の種類や構造を端的に教えてくださって、楽しいお買い物ができました。
    私も欲しいわ、と思ったんだけど翌日に駅前で持ち運び用の可愛い小型扇風機を見つけて気持ちが揺らいだわね。

    扇子をいくつか試して、不勉強故にまずは風の違いに驚いたわ。大振りな風、細やかな風。色々あるのねえ。

    そういえば先日、「女王様にも色々なタイプがいて、面白いです」と話してくれたマゾっ子がいたわね。

    女王様、といえど生身の人間なので体格から人格、所作、感情表現、思考、性癖…一人としてと同じ女王様はいらっしゃらないわ。
    共通点があるなら、変態達の心を暖かく撫であげたり、強い余韻を残して過ぎ去ったり、激しく乱したり…と、まるで風のように翻弄するということ、かしら?どうかしら?(笑)

    私は他の女王様のブログや映像作品をこっそり拝見するのも好きで、あーん素敵…と一人ため息をつくこともあるわ。

    私もより魅力的な女王様になれるように進んでいきたい。
    全部自分のためよ。

    では、また。
  • 2021年07月24日 17時38分8

    記録.静果ナースの肛門治療①

    変態の皆様、ごきげんよう。静果です。
    先日、前回に引き続きストーリープレイを楽しんできました。マゾ病棟シリーズ第2段よ。

    第1段はこちら↓

    静果ナースのもとに「便秘でお腹の具合がちょっと…」と訴える男がやってきたの。
    私は優しいナースなので、しっかりお尻を検査するためにまずは剃毛してさしあげたわ。
    それから、まじまじと肛門を見ながら、どこが悪いのかチェックするために触診スタート。

    「あ……」

    吐息を漏らす男。便秘が辛いのね…可哀想に…。
    私がちゃんと治してあげるわよ。
    なんてったって、ここは浣腸科。
    お尻の中に沢山浣腸液を入れたら、すっかり楽になるはずよ。

    治療してあげるから、頑張ろうね…。
    思わず笑みが溢れたわ。だってお前の肛門はこれから私のものに…ごほん、これから調子が良くなる一方なんだからね。

    指示されるがまま風呂場でお尻を差し出す男に、大きな浣腸器を突っ込んで何度もお湯を注ぎ込んだわ。

    あら、なんか興奮してらっしゃらない?
    治さないといけないのは本当に便秘だけかしら?

    私の懸念は的中よ、男はやっと白状したの。

    「恥ずかしくて言えなかったんですけど、こうして何度も浣腸された経験があって…興奮してしまうんです…」

    「どうして最初に言わないの?まあいいわ。浣腸が好きなら一石二鳥よね?それなら、もっと飲めるわよね?」

    「はい…」

    「ほら、お浣腸ほしいですって言いなさい。」

    「浣腸ほしいです…ください…」

    「言ったわね!私が出していいって言うまで我慢よ」

    ・・・・・・
    ②へ続きます。

    昔から病院の冷たい器具や薬臭い雰囲気には変態心をくすぐられてきたわ。
    幼稚園の頃、工具を使って一人でよく治療ごっこをしていたの。
    歯をぐりぐりするとか、皮膚をざくざく切るとか、"治療"ならば体を一時的に痛めつけても構わない場所、好きに決まってるわよね。

    妄想って叶うのねえ…(笑)
  • 2021年07月23日 19時06分4

    記録.お行儀

    変態の皆様、ごきげんよう。静果よ。
    どうしようってくらい暑いわねえ…。
    子供の頃は肌を焼いていたけど、今はすっきり白く保っているから、日焼け止めを何度も塗って外出しているわ。
    結構面倒なのよね。手の美しい奴隷がいたら、いつか塗らせてやりたいわね。

    ・・・・・・
    先日、SMクラブが二度目の新人マゾくんにお会いしました。
    とても礼儀正しく、丁寧に接してくださって微笑ましく思いました。
    そんな爽やかな雰囲気とは裏腹に、体のうちにはぐずくずトロトロした欲望が一杯渦巻いているご様子で、
    「人格否定されるくらいが興奮する」「男のくせにとか」とのことでした。

    素敵ね。
    "男"のくせにとなじられて、"女"の私にいいように扱われる。
    密室ならではのロマンよねえ…。

    ただ一人で妄想することと、実際に私のようなサディストにいたぶられるのとでは、刺激も苦痛も違うでしょう。
    初めは自分が何を求めているのかさえ分からないことの方が多いんじゃないかしら。
    相性はもちろんありますが、その関係性も含めて時間とともに変化していく、あるいは構築されていく変態道の一歩を私との時間に使ってくれてありがとう。

    大変初々しく、癒やされました。
    今回は割とまったりとした空気も交えながら、鞭や蠟燭で虐めたけれど、次回は言葉責めは激しく、プレイは反対にまったりとしてみても面白いかもしれないわね。

    あなたのロマンに寄り添いながら、いつかここまで来てしまったと思わせるくらい貶めてやりたい、なんて妄想しちゃう。
    だからこれからも正直にいてね。素直な願望をもっと知りたいし、引き出していきたい。

    自分は使い物にならないゴミ屑だからせめて礼儀だけは、という精神。立派ね。
    でも本当にそう思ってるかしら…?
    これでもかというくらい問い詰めてみたくなる、あなたの佇まい…。
    ふつふつと欲望が湧き上がるばかりよ。

    ・・・・・・
    暑いなか会いに来てくださってどうもありがとうございます。
    あなたのフレッシュさが私の心にも残りました。
    戸惑いも欲望も、あなただけの感性に大切に、一緒に楽しんでいけたら嬉しい。
    いつでもいらしてね。
  • 2021年07月21日 14時30分5

    記録.鞭、鞭、鞭

    変態の皆様、ごきげんよう。静果です。
    先日、ひたすら鞭で打つプレイをさせていただきました。

    ご希望のオラオラ系の言葉責めに、鞭でお尻や背中を攻め立てながら、変態紳士さんの反応と鞭の音にうっとり……

    「静果さんのオラオラ系、かっこいいです。元ヤンとかじゃないですよね…?」

    どちらかというと大人しいイイ子ちゃんタイプでしたよ。
    SMをするようになってから、自分の新しい暴力性に気付かされてわくわくすることがあります。
    だから先日も、きっとあなたが私のヤンキー性を引き出してくださったんですね。感謝しているわ。

    せかせかプレイするのは苦手なのだと、長い時間ご一緒してくださって、私も初めての経験だったわ。色んな時間の過ごし方、楽しみ方があるものね。
    ビシバシ虐めて、まったり休んで、またビシバシ虐めて、まったり一服して…
    贅沢でした。
    ますます鞭が好きになったわよね!

    静果さんは落ち着いてて無茶をしないから良い、とのことでした。スイッチの切り替えが上手だと。
    あまり自覚は無かったけれど、普段の人格やSMを知る前の日常において、自分をコントロールせざるをえなかったからかもしれないわね。
    これからもお互い楽しめる時間を作ることのできる女王様になれるよう精進したいわ。

    お尻を叩きやすいように、素敵なパンティを履いてきてくださり、嬉しいサプライズでした。 
    目に突き抜けるようなオレンジ、いいわねえ。思い出します。

    「鞭のセンスがある」と何度もおっしゃってたわね。そして、ぜひ練習台に使ってほしいと…。

    私も新人期間が終わり、これからますますSM欲を開放していきたい所存です。
    様々な鞭と、鞭を使ったセッションを心から楽しみにしているわ。

    これからもよろしくね。
    お土産もご馳走様でした。
    心に残る、素晴しい時間をありがとう。
    お体大事にされてください。
  • 2021年07月20日 22時08分2

    記録.光沢

    変態の皆様、ごきげんよう。
    コスチューム大好き!な静果です。

    先日、とあるマゾさんがまたもやレオタードなどプレイ用のお服を持ってきてくださいました。
    今回は青いレオタードにレザーのワンピース。
    とっても素敵で、おマゾのシャワー中、何度も鏡を見つめてしまう私でした。

    前回は初回といえど、ちょっと優しくしすぎたかしら?と思っていたので、今回はちょっぴり容赦無く。
    金蹴りや電気あん摩でいじめ抜いたわね。

    難癖を付け、壁に立たせて、遠慮なく膝で股間をグリグリ。
    痛いはずのソレが嬉しそうに反応してるの、バレてるわよ。
    どうして興奮してるのよ?とそのまま膝蹴りすれば、悶絶しながらも頬を紅潮させてたわよね。

    もう本当に変態ねえ!(笑)

    こうやって、もう本当に!と思える瞬間ほど楽しいことは無いわね。
    もっとその変態性を引きずり出して、意地悪したくなってしまう性分なの。
    同時に、素直に反応してくれると何だか可愛く思えてきて、蹴る足に力が入るわよね。

    つるつるさらさらのレオタードでマゾの腹や顔に乗り上げて、私の肉体をこれでもかと感じさせるのも楽しい。征服感があるわ。

    今回は一度目に増して私らしくいることができ、より満たされました。
    初対面のウブな関係性も好きなんですけれど、やはり自分をもっと知ってほしいし、お相手のことをもっと知りたいし、回数を重ねると、さらにお互い自由な心で楽しめる時間にしたいと思うものですね。

    「次回はもっと激しくなるんですかね、それでどんどん…(笑)」

    帰り際のにこやかな表情、チャーミングでした。道具を使わずに攻めたてる楽しさ、コスチュームを纏う恍惚感を教えてくれてありがとう。
    ぜひまた一緒に遊びましょうね。
    いつでもいらして。
  • 2021年07月03日 19時39分5

    記録.想像と現実

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。

    先日、SMクラブが初めてだという変態さんとお会いしました。

    私を選んだばかりに正座させられて、いやらしいコスチュームに身を包みながら、オナニーをさせられるなんて可哀想に…と興奮していたのですが、
    「初めてが静果様で良かったです」
    プレイ後半で仰っていた言葉、素直に嬉しかったわ。
    「目と文章が好きなんです」

    とても丁寧で気を遣ってくださる紳士さんでした。初めての経験に途中戸惑いもあったようですが、都度正直に反応し教えてくれるその気持ちが大変嬉しい私でした。

    勇気を出して私に会いに来てくださり、勇気を出してご自身の妄想や感情を示してくださる。
    コミュニケーションを取り合うことがいかに大切か改めて学ばせていただいたわ。

    「まだ静果様のことを、一人の女性として好きなんだと思います…」

    いかなるときも奴隷になれとか御主人様扱いしろとか、私は全く思わないし、言いたくもなりません。
    どんな関係でもお互い楽しければオールオッケーという快楽主義者です。
    だからこそ二人だけの時間が特別で楽しいんですよ。

    プレイ後の感想や作戦の話もありがとうございました。
    またゆっくりとあなたの好みやペースでやってみたいことができたら、こっそり教えてくださいね。
    想像と現実を少しずつ混ぜ合わせながら、楽しんでいきましょう。
    いつでも待ってるよ。
    素敵な出会いをありがとう。
  • 2021年07月02日 18時15分4

    記録.調教

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。
    最近本当に暑いわね。夏が来るのね。

    先日、長らく仕えていた女王様が引退されて、新しい御主人様を探す旅の途中のマゾさんとお会いしました。

    とても丁寧で、奴隷然とした穏やかな佇まいに、これまでの調教の痕跡を見て、しみじみとしました。きっと素敵な関係だったのでしょうね。

    支配を感じたい、とのことで私のブログやTwitterを見て会いに来てくれたそう。

    私にとって支配欲は宝物なので、それを与えるか否かから始めたいと思うこともあります。
    傲慢ね(笑)でも性分だから仕方ないの。

    プレイは束の間のごっこ遊びとしても大好きですし、ちょっと本気になる瞬間も嬉しいですし、一緒にテンションを共有できたら良いなと思います。

    その日はとてもマイペースに、加虐欲の道具として役に立ってもらいました。
    内出血するまで太ももや腹を鞭で叩いているとき、聖水を全部飲めといったのに溢したので怒っているとき、興奮して息が荒くなってた。

    でも、まだ全然足りない。
    お行儀は素晴らしいし、酷いことをしても文句一つ言わない従順なあなた。
    とくとくと満たされるのに、足の裏から流れ出ていくみたいに足りなくなるのは何故かしらと欲情した脳みその中で、考えていました。

    その答えが帰り道、よく分かったので今度お伝えするわ。素敵な答えよ。

    何度も「ヘタレですが、これから静果様の奴隷になれるよう、調教してくださいませ」とお願いしてたわね。
    奴隷見習いから奴隷に昇格したいのであれば、努力しなさい。
    私の宝物で気を失うほど胸をいっぱいにしてあげるわ。

    またいつでもいらして。
  • 2021年06月30日 16時14分4

    Fetish

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。

    まだ少女だった頃、タナトスに囚われていたの。
    その時が来たら、心身もろとも分解され続けて滅していくことは避けられないわ。
    でも、どうして生きているうちにその予感に引き寄せられるのかしら。
    そう思いながら、答えには鼻から無関心。
    ただ悶ていたわね。いつもその予感はそばにいて、優しく抱きしめられているみたいで、不快感と安心感のなか唸ってた。

    フェティシズムの世界を知ったとき、これはタナトスの分解欲求を抱きしめ返すものだわと感じたの。
    具体的な何かを無性に好きになれるというのは、生のパワーねえ。
    抽象的にバラバラになりかけていた自分や景色が、対象に向かって集結せざるをえなくなる。
    それじゃないと駄目、という絶対性が時間を生み出して、黄泉の国を遠ざけてくれるのね。

    私はSMが好き。
    好きという感情が嬉しい。
    目が覚めて、細胞が整っていくわ。

    なーんて大袈裟だね!
    思春期の名残りをしみじみ書き出すなんて、それこそその時が近いんじゃない?と自分に嫌味を言いたくなるわね。
    要は変態性欲に都合よく味をしめたせいで、まんまと楽しい日々。
    ただそれだけの話よねえ。

    では、また。
  • 2021年06月28日 18時35分2

    息吹

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。

    だるい季節ね。
    カンカン照りに暑い日もあれば、雷雨に吹かれる日もあって、意識が白んでいく心地よ。

    最近はこのグループの曲ばかり聞いているわ。

    とても良いわよね。

    では、また。
  • 2021年06月26日 16時33分2

    記録.自由

    変態の皆様ごきげんよう、快楽主義の静果です。

    様々な変態さんと出会うなかで、ご自身の性癖を後ろめたく思う方が多いことについて最近思いを馳せる時があります。
    快楽へ没頭する時間が秘密裏にあるからこそ、その濃度を高めるとも思いますが、周りとのズレで生じる面倒くささも確かにあります。

    私も、自称ノット変態の知人や友人には、進んで話すことはありません。
    ただ熱心に尋ねられたら、様子を見つつ答えますし、それなりの仲であればオープンにする場合もあります。
    皆大体は笑いの種にしてくれるので有り難いことです。

    しかし極稀にパンチを食らうこともありますね。詳しくは書きませんが、先日、梅雨にピッタリな憂鬱に浸る出来事がありました。
    大事なものを馬鹿にされると少々感傷的になってしまうこともありますね。
    ああ…私って変態のくせして未だ自分を着飾っていたかったのね…と身が引き締まる思いでした。

    そんなメランコリーを抱えたまま、先日二度目のマゾ氏とお会いしたのですが、ああSMっていうのは素晴らしいなあ…と雨雲が晴れ渡る心地になりましたね。

    女王様には自由でいてほしい。

    ぴかーん、とね。彼の言葉が胸を打ちましたよ。
    他人が他人の自由を望むことというのはなんてロマンチックなんでしょうか。
    望んだとしても、自由にさせる、自由を矯正するなんてことはできません。
    たとえマゾの目論見で誘導できたとしてもそれは借り物です。

    女王様の自由な心、幸せ、瑞々しい欲望、それらを願うことしかできない。
    まさに奴隷精神ですね。

    そして、私はそういう切実な願いさえ踏みにじりたいと思っていて、それは際限なく自由を感じたいということでもあります。
    エゴの塊です。
    私は自分のエゴを簡単に人に渡したくないと思っているので、マゾ達は特別なんです。
    渡し方はまだ修業中ですけれども。

    SMに触れると、いつも風呂上がりのように心身が整う私ですが、束の間の自由に羽を広げられるからかもしれません。
    どうぞこれからも大空をふわふわ漂う私を見上げ続けて頂戴。

    では、また。
  • 2021年06月18日 19時42分3

    moi non plus

    変態の皆様ごきげんよう。
    最近ジワジワ暑くなってきましたね。
    雨傘の次は可愛い日傘を探すのに夢中な静果です。

    一ヶ月ほど前、たまたま素敵な曲に出会ったの。(有名な曲みたい。)
    ゆらゆらと時間は過ぎていくだけ…みたいな楽観的とも感傷的とも思えるメロディが繰り返されるなかで、女性が愛を囁き続ける歌よ。
    囁きというかもはや溜息ね。
    青空のもと自転車を漕ぎたくなるような哀しい曲ね、と思ったきり、その曲のことは忘れていたの。

    そしたら先日、たまたま観た映画がその曲から作られたものだったのよ。曲名と題名が同じだったけど、途中まで気が付かなかった。
    あらこれって…と聴覚と視覚が一ヶ月越しに接吻したような気持ちになったわよね。
    田舎の風景と、役者さんの顔や体がとても瑞々しくて、観ているだけで良い映画でした。

    見ているだけでいいってものが私はとても好きです。それは傍観欲ではなくて、素晴らしいものの前では、立ち止まるしかなくなるということね。

    時折、マゾが私をうっとり見上げていることがあるけど、私も見下ろしながら、変態ってそれだけで素晴らしいわねえと思っています。

    私は溜息混じりの愛なんて囁けませんので、笑い飛ばして鞭を振るいますけれどもね。

    では、また。
  • 2021年06月16日 17時52分1

    記録.裏切り

    変態の皆様、ごきげんよう。静果です。

    先日、お馴染みのマゾさんと毎度ながら思い切り戯れてきました。

    所有物になりたいと仰るので、私のための道具としてどれくらい機能するのか毎回試してさしあげてるの。
    痛みに痛みを重ねても、私を思って耐えようとする姿、それなりになってきたわね。

    回数を重ねると、少しずつ変化していく、というか、素直になっていく、というか、打ち解け合えるのが嬉しい。
    お会いすると、魔法のように果てしない道が現れて、そこを歩いている感じ。
    進○の巨人みたいに(笑) 変態も座標で繋がってたら面白いわね。

    プレイが始まると胸のうちに流れていくのは、落胆と怒りと期待、そして歓び。
    目下のマゾ男の反応や振る舞いに、私はいくらでも感情的になれるし、いくらでも命令して束縛できる。
    そういう束の間の万能感が私を満たしてくれます。

    人でなしになれるって素敵ね。

    前回の大量聖水のトラウマをどうにかしなきゃという私なりの優しさで、その日は少しずつ。蕾に水をやるような心地で与えてあげたわね。

    「ほらね、大丈夫でしょ」
    「はい……」

    ちょろちょろやってはどんな顔してるか眺めてた。このお花、咲くかしら。咲いたらどんな色かしら…。

    そんなことを考えているうちに、油断している男の顔が可笑しくなってきて、最後は思い切り方尿したわね。私が摘み取るまでもっと育ってねと思いを込めて。

    びっくりしてて、本当笑ったわ。
    でも私の慈悲のおかげで、前より余裕があったんじゃないかしら。
    人は選ぶし程度は考えるけど、私は裏切るのが大好きなの。
    もちろん裏切られるのも好き。

    救い主かと思ったら悪魔だったとか、毒かと思ったら甘いジュースだったとか。
    自分の予想を打ち破ったり、相手の期待を超えていったり、そういう甘美なサプライズをいつも求めているわ。

    お前も一見ごく普通の男性のようでいて、一枚皮を剥いでしまえば、被支配に焦がれたド変態。

    最高に明るいサプライズね。

    ・・・・・
    先日は、夢中になれる時間をありがとうございます。
    私の噴出するサディズムをこれからも受け止めてくださると幸せです。
    あなたの可愛い願望も、いくらでも知りたいわ。
    またいつでもいらして。
  • 2021年06月11日 21時18分2

    口腔の夢

    変態の皆様、ごきげんよう。静果です。

    咀嚼好きなマゾの方々の差し入れ、美味しいものを色々教えて貰えて嬉しいわ。
    味わうだけ味わって、あとはご本人のお口に流し込むから、太らずに済むし便利ね。

    (もちろん、余ったものやお土産として渡してくださるものは、お家で余韻に浸りながら大事にいただいております。ありがとう。)

    咀嚼プレイで食べるのはクリームやプリンなどの甘い物が多いけど、もし変わったものを使った経験がある子は是非教えてね。

    あの自分の口からどろどろと流れていくのを見るの、大好き。
    目の前の人間の、何でも受け入れてくれる感じ。
    生生しい多幸感があって、うっとりしてしまうのよねえ。
    あなた達もお好きでしょ?いつも頬を紅潮させているものね。
    その気持ち分かるわよ、と思いながら食べさせているわ。

    今夜は、お寿司屋さんで一皿ずつ咀嚼して奴隷に食べさせる妄想をしながら眠ります。
    水蛸。小肌。サーモン。ガリ…。
    お腹が減る前に、おやすみなさい…。
  • 2021年06月05日 14時29分2

    記録.落差

    変態の皆様、ごきげんよう。
    近頃はdon't think feelな静果よ。

    先日、女装子さんとたっぷりプレイをしてきました。
    前回よりも今回、今回より次回。
    もっと色々なことをしたくなる。
    そういう気持ちにびっしょり浸れる時間だったわ。

    プレイ前後は、楽しい時間を共にする(した)のだからなるべく丁寧に感謝の気持ちを持って接したいと思っている私でして、ただこの"切り替え"は人によっては気になるのかしら?と思うところもありました。
    業務感というかね。
    実際はそんな割り切った心持ちは無く、シンプルな礼儀としての振る舞いなのですが、お相手がどう受け取るか少し気になることもありました。

    というわけで、つい数分前まで私の足元で乱れに乱れていた女装子おマゾにそのことについて尋ねると、
    「(そのまま)ギャップがある方がいいかもしれません…静果さんプレイ中は結構怖いので…」
    とのことでした。

    ギャップね。
    確かに私は普段ほぼSに見られませんし、性格もまったりしていると言われます(あるいはボンヤリ…)。
    日常に見られる、一方通行の暴力や暴言、意地悪は相手との関係性ではなく己の自己管理能力の無さから生じるものだと思いますので、興味がありません。
    といっても、自分の性癖なんて愚の骨頂だとも思っておりますよ。根は巷の暴力女と大差ないでしょう。

    非日常的に受け止めてくださる変態達のお陰で、日常の私はより穏やかに道徳心を持って人と接しようと思えるのかもしれません。
    私にギャップがあるとしたら、それぞれの人格を満たせる場所がちゃんとあるからなのかもね。


    女装子マゾには、前回より多少厳しく、立場の差を分かっていただくプレイをしたわね。
    従順に見えて、ご挨拶の仕方がなっていなかったから多めにお仕置き。
    苦しげに声を漏らす姿が、淫乱そのもので大変興奮しました。
    後半は、乳首の新たな変態性を披露してくれて、はしゃいじゃった。
    噛みつきながら、欲情して涎が溢れる私だったわ。
    変態女装子奴隷として、私の体液も匂いも全てを摂取しなければならないに決まっているから、何度も呑ませてあげたわね。

    恍惚とした顔で、今後やりたいことを話してくれて嬉しかった。
    ふふふ、楽しみねえ。でしょ?

    これからも心の奥を無理矢理開いて、私の支配欲求を注ぎ続けてあげるわ。
    一緒に明るく溺れましょう。

    ・・・・・

    梅雨の始まりに似合う、素敵な時間をありがとうございます。
    楽しみが膨らむばかりです。
    またいらしてくださいね。
  • 2021年06月04日 17時43分1

    痴人と賢者

    変態の皆様ごきげんよう、静果よ。

    最近はこんな本を読んでるわ。
    本の重みやページをめくる質感が好きなのでもっぱら紙派なのですが、本屋へ寄る機会を逃し続けたために、こちらは電子書籍で購入してみました。
    あまり慣れないけど、移動中に手軽に読めるのは便利ね。

    主人公の女性は、好きな人を奪われた恨みから親友の息子を自分色に染め上げて、長い時間をかけてとてもイイ関係を作るの。
    半分程読み終えて、これから二人の関係がどうなるのかとても楽しみよ。
    所謂主従関係のようなものが崩壊するのか、それとも全く違う変化が起きるのか…

    小説を読むと、自分の生活にも行間が生まれて、言葉一つ一つを丁寧に読むように、その日一つ一つの出来事を細やかに捉えられるようになる気がします。

    自分がSMに関する物語を描くとしたら、どんなものになるだろう?
    なるべく馬鹿馬鹿しいのが良いわね。

    ではまた。
  • 2021年06月01日 21時26分1

    記録.処分

    変態の皆様、ごきげんよう。静果です。
    マゾの叫び声っていうのは体に染み渡るわね。

    先日、とあるマゾに奴隷として従うことができなければ、破棄することを宣言して調教を始めたわ。
    私がやること為すこと全てを受け入れるためにお前はここにいるの。
    そうよね?自分で言ってたもんね。
    嘘つきは嫌いよ。
    拘束して壁に立たせて、視界を奪われたお前の前で舌舐めずりしてたわ、私。

    それなのに、ちょっと虐めただけで勝手に股間を大きくするの。
    奴隷の癖に自己主張するのはやめなさい。
    亀頭めがけて唾を何度も吐きかける。
    屈辱的ね、反省を促してさしあげてるのにどうしてまだ大きなままなの?

    そう思いながら、掌や指で延々と弄り回していたら、
    「おかしくなっちゃいます…!溶けちゃいます…!」
    なんて叫ぶんだから、堪え性がない。
    でも、おかしくなるのが好きなんだもんねえとさらに攻め立てるのが私こそ大好きなの(笑)

    乳首を爪でつねり上げればまた違った声音で呻いてた。バリエーション豊かでいいわよ。
    痛いです気持ちいいです痛いです気持ちいいです…
    どっちなの?
    どっちもよねえ。
    お前の体は私を楽しませるためにあるんだから、気持ちのいいことも痛いことも我慢しなきゃ駄目。粗大ゴミとして処分されたくなければ。

    我慢させるって本当に興奮するわ。
    私のために身体を差し出してくれるのが嬉しいのよ。
    胸を噛んだり鞭打ちしたり、腹を好き放題殴ったり、前半は特に散々だったわね。
    でも奴隷だから仕方ない。
    私の快楽のために諦めて頂戴。
    最後は何度も射精を我慢させられて、苦痛と快楽のフルコース。凄く良い顔してたわ…。
    私のなかで軽蔑心と可笑しさと強い興奮が入り交じってた。

    「ああ…静果様お綺麗です…」
    次はもっとおかしくなりましょうね。
    お前のみっともない部分をいくらでも晒し上げてやりたいの。

    ・・・・・・
    厳しく叱ったり、いやらしく攻め立てたり、様々な自分の欲望とあなたの表情を知ることができ、幸せでした。
    楽しいプレイをどうもありがとう。
    どうぞまたいらしてね。
  • 2021年05月29日 14時30分2

    肉の言

    「あなたがいいんです。忘れられないんです。」

    耳ざわりのいい言葉だけでは信用できないからと、命令して従わせて虐め抜くことがある。
    追い詰められたときの態度や声の方が先に私の心に響くのよ。
    だからまずはのたうち回って、苦しんで。
    そう思うこともある。
    私は変態の奥底に触れたい。暴いてやりたいって欲求が強いんだよね。
    簡単ではないし、それを望まない人にストレートに求めるのは無粋だから全く嫌だけど。

    どんな言葉もその人がその瞬間正直に口にしているのが伝わるときは、はっとして嬉しい。
    ただ同時に言葉でしかないことも切ないわ。
    だから何度も確かめたくなるの。

    肉体があるって最高。
    目に見えて別々に存在していることを素晴らしく思う。
    私の支配欲は個々であることがどうしても理解できない。
    だからといって溶け合いたいとは全く思わない、吸収したら見えなくなるものね。
    だから尚更、私のものにしてやりたいという欲求だけが暴れまわって放出されるの(笑)

    私の影響で変態が個人を保ちながら変わっていくことや向けてくれる欲求や感情を、いつまでも大事に眺めていたい。

    と、言葉で書いても甚だしゃらくさいわねえ(笑)
    ではまた。
  • 2021年05月28日 17時27分2

    記録.20年

    読んでらっしゃるかしら?
    あなたのような変態には、言葉は要らないわね。
    尽くすことがマゾの役目だと本気で思うならば、その姿勢を正しく見せに来なさい。
    あなたが"ご親切に"教えられることはまだまだあるでしょう?
    私を待たせないで。

    お陰様で新しい感情が芽生えたわ。
    私のようなサディストが気兼ねなく怒れることの歓びをお前はとっくに知ってたわよね。

    腹立たしいけれど、私にとって束の間の怒りはこの上ない幸福。
    では、また。
  • 2021年05月23日 15時11分1

    記録.川辺

    変態の皆様ごきげんよう、静果です。

    相手の怖がることを乗り越えさせるのは支配欲が満たされるわね。

    本人も「怖いけどやってみたい」と望んでるとき、じっくりと見守りながら溢れるほど与えてあげる私ってとても優しい。
    もっと怖がってもっと受け入れて、最後には自分から望むように作り変えたくなるの。

    「ほら大丈夫、大丈夫。」
    優しく頭を撫でながら酷いことをするのも好き。私のためなら頑張るって気持ちを向けられると、可愛がりたくなります。

    先日、少しずつ新しいことを一緒に試しているお馴染みのマゾさんとプレイしたわ。
    初っ端から、前回余裕が無さすぎて私がせっかく飲ませてあげた聖水の記憶が無いのだとのたまっていたね。

    じゃあ今日は脳に刻み込んで帰らせなきゃね。
    嫌って言うほど飲ませて差し上げましょうね。

    そう心のなかで決める私。
    お前には私の体も声も匂いも味も全て覚えさせたいのよ。
    いつのまにか欲求が激しく膨らんでいくから不思議ね。
    でも記憶は必ず薄れていくものだから、何度でも染み込ませてあげないと私の気がすまないわ。
    所有物になるって約束したんだから当たり前よ。

    「 ああ、怖いです…」
    そう喋れたのも束の間、容赦なく穴という穴に私の聖水を流し込まれて、溺れてたわねえ。
    屈辱的な絵面に大興奮してずっと笑ってた。
    前回は慈雨だったけれど、今回はもはや川の中。
    丸裸のお前を激しい流れのなかへ突き落として、いつまでも苦しめたくなったわ。

    思い返したとき、お前はどう感じるんだろう。
    まだまだ先は長いわよ。有り難く従い続けて。

    心に残る時間をありがとう。
    これからも私と濃密な非日常をさらに楽しんでいきましょうね。
    またいつでもいらして。
前へ12次へ
戻る
TOPページ