写メ日記|新宿S女専門店BURST(バースト)

新宿S女専門店!1時間以内のご利用は指名料無料!

新宿S女専門店BURST(バースト) > 11月24日の写メ日記

栄の日記

2020年11月24日 21時26分立ちながら
栄の写メ日記画像
私は快便である。毎日必ず一度は排便するし、多い時には三度。形のよいものから、液体状のものまで、様々な形がある。

便器の中にポチャンと音を立てて落ちると、「いいものが出た」と思い、毎度の事ながら何故今マゾがいないのだろうと悶々とする。

美しいひとから、おおよそ一般的な感覚として「汚い」茶色くて、臭うものが出てくる。その瞬間をみることに興奮を覚える子がいる。

その瞬間をとっくり堪能できるのは、やはり"床に寝た状態で上から落ちてくる"姿勢である。

床に寝かされ、仁王立ちの姿で私に見下ろされるお前。普段便器で用をたすのと同じ要領で座されるかと思った事だろう。
私は、お前にお尻を向ける。このまま栄様のお尻で顔を押し潰されながら、黄金を味わえるのだろう……

そんな事はないのだ。
私は、立ったまま、黄金を落とした。

みち、みちと、私の肛門から茶色いものが顔を覗く。やがて身体に、顔に、ポトリと、黄金が降ってくる。

やはり私とマゾとの距離があると、「恵みを与えている」という心地があって、私は興奮した。

この日は沢山溜めていたので、お腹の上に黄金で文字を書きました。
分かるかしら、「へんたい」と書いたの。

立ったまま黄金、またやりたいね。

栄の写メ日記画像
戻る
TOPページ