新宿S女専門店BURST | 日記詳細

5月10日(月)は休業いたします。5月16日(日)の会員様のご予約開始日は5月11日(火)となります。

新宿S女専門店BURST(バースト) > 05月05日の写メ日記

Meenaの日記

2021年05月05日 00時37分足フェチ奉仕奴隷・育成中
Meenaの写メ日記画像
お待たせ!GW以前の晒しブログよ。
お写真や詳細晒され希望の子達、ちょっぴり先になるかもしれないけど全員忘れてないから安心なさいね。

==========

今回は、SMクラブと知らずにBURSTに来たのに、今ではすっかりMeenaの指導調教にハマってしまった足フェチ奉仕奴隷。

どこへ出しても恥ずかしくないご奉仕ができるように育成中なの。
初めて会った時は「マゾじゃなくてただのフェチなので!」と言い張ってたけど、今となっては奴隷扱いも嬉しいんじゃない…?
マゾヒストではないにしろ、確実に今までになかった何かの芽生えは感じているでしょう。
奴隷呼ばわりが不本意なら、早く従者や召使と呼べるくらいに成長してね。

さて、はじめましての頃に話は戻る。
「えっ、ここSMクラブなんですか?マゾじゃないから痛いのはちょっと…足奉仕だけしたい!」
鑑賞、踏まれ蹴られ絞められ、においにマッサージ…色々なタイプの「脚」フェチに会ったし、もちろん足奉仕だってさせてきたけれど、「足」への奉仕に特化したフェチに会うのは初めてで。
今まで何人もの女性のおみ足にご奉仕してきたって豪語から、手練れの技で満足させてくれるのかしら〜ってちょっぴり期待するじゃない?

そしたらこれがもう、本ッッッッッ当にひどくて!

舐める前に洗いたいと言う。お前の口よりどう考えてもMeenaの足の方が綺麗よね?とは思うけど、それはまあ見逃してあげる。
(足のにおいフェチのマゾが信じられない!勿体ない!って顔してるのは目に浮かぶわね)
でもその洗い方が、熱いシャワーを温度も測らずにいきなり掛けるわ、予告もなしに硬いタオルで繊細な足の甲をガシガシ擦りだすわ、こまやかな指先だってお構いなしでペディキュアまで削り落とさんばかりの勢いで。
大好きと宣う割には扱いが粗雑すぎて、コイツ本当は女性の足に恨みでもあるのかな?って思っちゃったわ!

上手にご奉仕してくれるならお望み通りのまったり甘めのフェチプレイも構わないかなと思っていたけれど、これには舵を切らざるを得なかった…
Meenaのスパルタ教室へようこそ。
今までお前がお目にかかった女性たちは優しいから見過ごしてくれていたのかもしれないけれど、Meenaはもっと優しいからお前を芯から叩き直してあげる。

詳細な内容は秘密にしておくね。
現在数回のレッスンを経て、女性のおみ足に対する敬意の表し方を少しずつ覚えてきたみたい。
でも調子に乗るにはまだ早いわ、あくまで最低限、入口に過ぎないマナーよ。

「〇〇してあげたい」って気持ちって、多分にエゴを含むと思うのよね。
それを否定するつもりはないけれど、行動に移せない思い遣り、形にできない愛は伝わらない。
今まで下手糞な奉仕モドキで何人もの女性に迷惑をかけてきた分、どんな女性のおみ足も正しく、優しく愛おしむことができるようになって頂戴ね?

もっとも、修了するまではMeena以外のおみ足に奉仕しちゃダメよ。
そして修了する頃には、自分から「Meena様以外のおみ足にご奉仕するつもりはない」と思ってしまうかもね!

温まると可愛らしく桃色に染まる指先、白い肌にレースを編んだような血管が浮かぶ土踏まずのアーチ、ほかにも生で見た者にしかわからない素敵なあれこれ。どこが良いトコロだったか、ちゃんと全部覚えてるかしら。
次回はテストにしようかな。
マナー・技術・思い遣りと知識、全部モノにして素敵にご奉仕してね。



Meenaの写メ日記画像
戻る
TOPページ