新宿S女専門店BURST | 日記詳細

すぐ予約は指名料無料!

新宿S女専門店BURST(バースト) > 06月09日の写メ日記

栄の日記

2021年06月09日 21時14分0夏は死の香りがする
栄の写メ日記画像
変態諸君、ご機嫌よう。早くも夏バテ気味の栄です。

梅雨入りはまだらしいね。私、梅雨生まれですが、夏にめっぽう弱い。もうすぐ25歳です。
キンキンに冷えたビールを飲みながらマゾ椅子に座って涼みたい。

暫くのんびりと日々を過ごしていましたが、その中で「死体袋」と「ドンゴロス」を購入致しました。
じめじめした暗鬱な梅雨が到来する前に、気持ちは晴れ晴れとしたいので「死」をモチーフとしたお道具を揃えようとAmazonを巡っております。

前職の仕事柄、死を身近に感じながら仕事をしていたというのもあり、結構死に対して考えたりします。私自身も実際に死にかけた事があるのですが、周囲のひとの中で「死」というものを体感した事のある人間は生き様がクールだと感じます。
それがフェティシズムの一端であったりする事もあるから面白い。

SMも詰まるところ被虐者の面からして言えば、加虐者に命を握られているので、死のごっこ遊びの側面もあったりする。

マゾ諸君と戯れるなかで擬似的な死の体験を演出させるセッションは中々スリリングで楽しいです。

擬似的な死と言えば、例えば人間家具なら人権を剥奪されて物として扱われるのだから「人間としての死」だし、それで言えば犬やら豚やら馬やらになるのも「人間としての死」だね。
嵐のような暴行を受けて、痛みのあまり死ぬかもって思ったりする瞬間もあるでしょう?

私が死体袋を購入した意図に、完全に死体扱いというか物扱いしたいという願望があるんじゃないかしら。
ふと死体袋が欲しくなり、物を見たら可愛い!と思って、即断で買ったわ。

ドンゴロスは、とあるhip hopのPVで湾の前でドンゴロスを頭に被せられているシーンがあって、クールだと思って買ったの。笑 きっと沈められるのね……。

見えない・動けないという制約で、ひとは簡単に恐怖を手に入れられる。

実際に起こった残虐な事件等を特集する動画を頻繁に見るのですが、恐怖による支配が多い事。

マゾヒスト諸君は、「この人に逆らったら殺される」と思った事あったりする?
それよりも、「この人になら殺されてもいい」と思う方が多いのかしら。


今月は11日、25日、29日、前日までの予約のみで16:00〜22:00まで出勤します。

早く死体袋とドンゴロスを活用したいわ。
一番目の死体は誰になるかしら。笑 物騒な表現すぎて通報されやしないか心配!


栄の写メ日記画像
戻る
TOPページ